記事詳細

河野氏、慰安婦合意で要請「着実な実施が重要」 日韓外相会談

 河野太郎外相は19日、韓国の康京和外相と東京都内の飯倉公館で会談し、核実験や弾道ミサイル発射を進める北朝鮮への圧力を強化する方針を確認した。河野氏は、旧日本軍の慰安婦問題を巡り最終解決を確認した2015年の日韓合意について「着実な実施が重要だ」と述べ、韓国側に完全履行を要請した。

 康氏の来日は就任後初めてで、両外相の会談は今回で4回目。安倍晋三首相と文在寅大統領が相互に訪問する「シャトル外交」についても意見を交わしたとみられる。

 慰安婦合意を巡り、康氏は韓国外務省の作業部会による合意の検証作業の現状を説明した。韓国政府は今月末にも結果を公表する見通しだ。

 慰安婦合意は、安倍政権と朴槿恵前政権で実現させたもので、文政権は「国民感情から合意は受け入れられない」との立場を取っている。

 会談で両外相は、北朝鮮に核放棄を迫るため、中国の役割が重要だとの認識を共有。日本が議長国を務める日中韓首脳会談を早期に開催する方針も申し合わせた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう