記事詳細

北海道東部で「M9切迫」の予測 30年で最大40%、さらに巨大化も

 政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)は19日、北海道東部沖の太平洋で、大津波を伴うマグニチュード(M)9級の超巨大地震の発生が「切迫している可能性が高い」との予測(長期評価)を公表した。道東沖では340~380年間隔と考えられる超巨大地震が約400年前に発生。この時の津波は海抜20メートルを超え、沿岸から4キロ内陸まで浸水したと推定されている。

 調査委は、同程度の超巨大地震が今後30年間に起きる確率を、複数のシナリオに応じて7~40%と推計。震源域が青森県沖など南に広がり、地震はさらに巨大化する恐れもあるという。一回り小さなM8・0~8・6程度の巨大地震が起きる確率は、今後30年間に十勝沖で7%、根室沖が70%程度、色丹島~択捉島沖で60%程度としている。

 近畿から西に延びる中央構造線断層帯については四国を横切り大分県に及ぶと評価を改め、長さは360キロから444キロになった。四国内陸部で活断層によるM6・8以上の地震が起きる確率は、今後30年間で9~15%とした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう