記事詳細

自分の「ヘンな写真」まで大量に公開する金正恩氏 (1/3ページ)

 北朝鮮の金正恩党委員長に対して、平壌をはじめ北朝鮮の大都市住民の間で「元帥様(金正恩氏)は、写真を撮るのが好きなスタイル」との言葉が囁き合われていると、デイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。

 父親である金正日総書記と異なり、金正恩氏が公式メディアにひんぱんに登場するのを、「目立ちたがり屋」だと暗に揶揄する言葉である。

 確かに、あまり人前に出ずミステリアスなイメージを保っていた金正日氏と比べて、金正恩氏は積極的に自分の存在をアピールしている。父親への対抗意識なのかもしれないが、たまに「本当にこんな写真を公開してもいいのか」と思える写真も見受けられる。例えば、ある機械工場を現地指導した際には、正恩氏の頭の上に小人が乗っかっているようにも見える「ヘンな写真」が公開された。

 (参考記事:金正恩氏が自分の“ヘンな写真”をせっせと公開するのはナゼなのか

 金正日氏の時代には、考えられなかったことだ。

 その一方で、北朝鮮国民に恐怖心を植え付ける目的で、写真や動画を公開することもある。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース