記事詳細

北兵士1人が韓国に亡命、南北双方が射撃した可能性

 韓国軍合同参謀によると、21日午前8時4分ごろ、韓国北西部の京畿道(キョンギド)の中西部前線で、北朝鮮の兵士1人が軍事境界線を越えて韓国に亡命した。韓国・聯合ニュースは、亡命したのは19歳の下級兵士と伝えた。韓国軍は、亡命の約1時間半後に、北朝鮮側が軍事境界線に接近したため約20発の警告射撃を行った。北朝鮮側からも数発の銃声が聞こえたという。南北双方が射撃した可能性がある。

 今年に入って北朝鮮から第三国を経由せずに直接韓国に亡命した軍人は計4人となった。

 先月13日には、南北軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で、北朝鮮兵士が韓国側へ越境し亡命した。この時には、北朝鮮側は兵士を追跡し、休戦協定に違反して自動小銃を使用した。 韓国統一省によると、20日午後には日本海の竹島(韓国名・独島)付近の海上で北朝鮮の船を発見し、亡命を希望する住民2人を救助した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう