記事詳細

【投稿!オレンジ広場】電気代が高くなるのは嫌だが原発は事が起きると大変だ…悩ましい 白鵬は名横綱 (1/2ページ)

 ■電気代が高くなるのは嫌だ

 わが家では電気代の支払額がオール電化でもないのに月2万円を超えている。年金の支給額が減っているので支払いがしんどくなり、この機会に発電の状況を調べてみた。

 火力が約62%、原発が29%、水力が8%、残り1%強が太陽光、風力、地熱などの新電力と言われるもののようだ。建物の屋上や耕作放棄地、大きな池などで太陽光発電パネルはよく見られるのに、全体から見るとわずかの割合しかない。

 原発は廃止を叫んで政争の具にする人間がいて縮小の方向を言われているが、新電力で賄うとすればどれほど設置しないといけないのか、気が遠くなりそうだ。

 その太陽光発電の売電価格は、当初は1kWhあたり48円だったのが最近は半額程度になっているようだが、大口の業者は高い価格の時に事業の認可だけ取り、未設置の所が半分以上あると言われている。これが全部稼働すると電気代が高くなるのは目に見えている。

 火力発電はLNGと石炭が主で石油が少しのようだが、石炭は安価でもCO2の発生が多く、今後国内で40基ほど計画されていることについて、今回のCOP23で指摘を受けた。

 電気代が高くなるのは嫌だ。原発は事が起きると大変だ。火力発電は環境破壊につながる。しかし停電は困る。一個人がやきもきしても仕方ないのかもしれないが、悩ましいものです。(兵庫県・71歳、久磨呂)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう