記事詳細

韓国ビル火災 29人死亡、負傷29人 有毒ガス、逃げ遅れ

 【ソウル=桜井紀雄】21日午後、韓国中部の忠清北道(チュンチョンプクト)堤川(チェチョン)市にある8階建てのスポーツセンターの建物で火災が起き、聯合ニュースによると、29人の死亡が確認され、29人が負傷した。消防当局が建物内に取り残された人がいないか捜索を続けており、さらに犠牲者が増える可能性がある。

 1階駐車場の車から出火したとみられ、建物全体に火が広がった。犠牲者の多くが2階のサウナ施設にいて有毒ガスの発生もあり、逃げ遅れたという。屋上に避難し、ヘリコプターなどで救助された人もいた。

 在韓日本大使館によると、21日夜現在、日本人の被害情報はないという。

 韓国では、2014年に約300人が犠牲になった旅客船セウォル号沈没事故もあり、安全に対する不安感が強い。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、「人命被害を最小限に抑えることに万全を期すよう」関係機関に指示した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう