記事詳細

直前に不審な行動する人物、玄関から遠回りしてトイレへ 日経本社火災

 東京都千代田区大手町の日本経済新聞社東京本社で21日、ビル2階のトイレで爆発音があり、男性1人が死亡した火災で、直前に不審な行動をする人物がいたことが分かった。

 現場となった2階トイレには、ビルの西側にある1階正面玄関近くにあるエスカレーターを上がるのが最短距離だが、警備関係者によると、正面玄関を通り過ぎて東側入り口から入り、ビル内の喫茶店前を通ってエスカレーターで2階に上がった人物がいた。その人物がトイレに入った直後に火災が発生したという。

 正面玄関には女性の受付や警備員もおり、目立たない東側の玄関から遠回りしてトイレに向かった可能性がある。

 警視庁丸の内署によると、女性清掃員が男子トイレの清掃に入った際、個室から「ボン」という爆発したような音が聞こえたという。同署は自殺の可能性が高いとみて、男性の身元や詳しい出火状況を調べている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう