記事詳細

エルサレム首都認定、国連総会が米批判 撤回求める決議案を賛成多数で採択

 トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と正式認定した問題で、国連総会(193カ国)の緊急特別会合は21日、米政府を批判し、認定の撤回を求める決議案を賛成多数で採択した。賛成は128、反対が9、棄権が35だった。米国の孤立ぶりが鮮明となったが、見込みよりも棄権が多く、賛成しないよう求めた米国の圧力が影響した可能性がある。日本は賛成した。

 パレスチナ自治政府のマルキ外相は会合後、「パレスチナの人々やイスラム教徒、世界中の自由な人々が勝利した。私たちは侮辱も脅迫も受け入れない」と強調した。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう