記事詳細

韓国・ロッテ創業者一家に判決、罰金105億円 「企業の財産を私物化した」

 横領罪などに問われた韓国ロッテグループ会長の重光昭夫(韓国名・辛東彬)被告(62)ら創業者一家に対する判決公判が22日、ソウル中央地裁で開かれた。重光被告への求刑は懲役10年、罰金1000億ウォン(約105億円)。

 重光被告は、父で創業者の武雄(同・辛格浩)被告(95)や、兄宏之(同・辛東主)被告(63)らと共謀。実際には業務を行っていない宏之被告らに役員報酬名目でグループから計約500億ウォンを支払わせたとする特定犯罪加重処罰法上の横領罪などで在宅起訴された。

 検察は論告で「一家の利益のため企業の財産を私物化した」と指摘。武雄被告に懲役10年、罰金3000億ウォン、宏之被告に懲役5年、罰金125億ウォンをそれぞれ求刑した。

 重光被告は最終弁論で「犯行の大部分は武雄被告の指示で行われ、関与していない」と主張。武雄被告も「働いており、報酬を払うのは当然だ」と否認した。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう