記事詳細

韓国の負債「爆弾」炸裂が秒読み?! 6年5カ月ぶり利上げウラで地元紙までが「経済回復」疑問視する理由 (1/3ページ)

 韓国銀行(中央銀行)が約6年5カ月ぶりの利上げに踏み切った。輸出を牽引(けんいん)役にした景気回復に自信を深めているためだ。ただ、利上げは韓国経済の「時限爆弾」とされる家計負債問題を炸裂(さくれつ)させるリスクをはらんでいる。

 「輸出が好調な中、消費も緩やかに改善されており、堅実な成長傾向が続くと判断した」。韓銀は11月30日の金融通貨委員会で、基準金利を0.25%引き上げて年1.50%にすることを決め、理由をこう説明した。

 利上げは2011年6月以来で、即日実施した。基準金利は昨年6月に過去最低の1.25%に引き下げられた後、据え置きが続いていた。背景には、韓国経済の急回復がある。今年7~9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比で1.4%増を記録。市場予想(0.6~0.8%増)を大きく上回った。世界経済の回復にも支えられ、韓国企業が高シェアを誇る半導体メモリーなどの輸出が伸びたことが寄与した。

 米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備による中国の経済報復などで冷え込んでいた消費者心理指数も改善。11月は6年11カ月ぶりの高水準となっている。韓国と中国は10月末、悪化した関係の改善で合意した。ただ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月訪中した際、習主席との首脳会談で米軍のTHAAD配備に対する中国の報復措置を解消するという言質を取ることはできなかった。

 国際通貨基金(IMF)は韓国の今年の成長率見通しを3.2%に上方修正し、来年も3.0%と予想。2.8~2.9%の潜在成長率を上回ることになり、韓銀の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が利上げの前提条件とした「著しい成長」に合致しているとみられている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう