記事詳細

韓国をもっと冷遇せよ!八幡和郎氏が緊急寄稿「日韓合意検証結果に一喜一憂する必要なし」 (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、国家間の合意を軽視している。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意について、作業部会で検証して蒸し返そうとしているのだ。文大統領は先日の中国訪問で超冷遇されたばかりだが、27日発表の検証結果次第で、日本も腹をくくるべきではないのか。評論家の八幡和郎氏が緊急寄稿した。

 文氏が中国で屈辱的な扱いを受けた。空港の出迎えに始まり、すべてが格下、共産党指導部との会食は2回だけ、習近平国家主席との共同記者会見もなし。おまけに、中国の警備陣から記者が暴行されて大ケガするおまけまでついた。

 そこで、「いまこそ、日本で熱烈歓迎したら」というお人よしな日本人がいるが、バカにされるだけだ。中国同様に冷遇すればいい。中国に冷たくされても、文氏は怒るのでなく青くなってゴマをすっていた。中国はさすがに、かの国の扱いを心得ている。

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪に招待されても、安倍晋三首相は色よい返事をする必要はない。もし、習氏が五輪に来れば、韓国はわざと安倍首相に格下の扱いをするだろう。習氏が来なければ、日韓友好が際立たないよう、やはり冷たくするのがおちだ。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース