記事詳細

韓国への亡命者が3倍増…背景に北朝鮮軍内の葛藤か (1/2ページ)

 朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士1人が21日、軍事境界線を越えて韓国に亡命した。また20日には、漁船に乗った北朝鮮住民2人が朝鮮半島東の海上を南下して韓国に亡命した。

 韓国軍当局によると、この2件を含め今年は計9回にわたり15人(うち軍人4人)が、北朝鮮と米韓軍が対峙する最前線の警戒をかいくぐって韓国に亡命した。昨年の亡命者が5人(うち軍人1人)だったのに比べ3倍に増えた。

 その背景について韓国の聯合ニュースは、「核・ミサイル挑発に対する国際社会の北朝鮮制裁により生活が苦しくなったことで亡命が増えたとの分析もあるが、韓国入りした北朝鮮脱出住民(脱北者)の数そのものは減少しているため説得力に欠ける」と指摘している。

 確かに、増加の理由は複数あるのかもしれないが、そのひとつとして、北朝鮮軍の戦闘部隊の士気低下が作用しているのは間違いない。

 北朝鮮には、2種類の軍人がいる。軍の思想統制や人事を掌握する「政治軍人」と、戦闘指揮を担う「野戦軍人」である。そして、前者の代表格は正恩氏の最側近として知られてきた黄炳瑞(ファン・ビョンソ)総政治局長であり、後者に含まれるのは歴代の総参謀長や人民武力相(防衛相)たちだ。

 金正恩政権では、野戦軍人が政治軍人に比べ明らかに冷遇されている。2012年7月15日、金正恩党委員長の軍事面での最側近と見られていた李英鎬(リ・ヨンホ)総参謀長(当時)が失脚した。続いて2015年4月、玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力相(同)がまるで見世物のように処刑される。そして2016年2月、李永吉(リ・ヨンギル)総参謀長(同)の処刑情報が流れる。後にこの情報は間違いだったとわかるが、李栄吉氏は降格されていたことが明らかになった。

 (参考記事:北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース