記事詳細

「空母」運用機を本格検討、最新鋭ステルス戦闘機F35Bで抑止力強化 強襲揚陸艦の新造案も

 防衛省が将来的に海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦で運用することも視野に、短距離で離陸できる最新鋭ステルス戦闘機F35B「ライトニングII」の導入を本格的に検討していると、共同通信が24日配信した。同機は米海兵隊仕様で、すでに導入を決めた米空軍仕様のF35A計42機の一部をB型に変更する案、別に追加購入する案があり、来年後半に見直す「防衛計画の大綱」に盛り込むことも想定しているという。

 「核・ミサイル開発」を強行する北朝鮮や、加速する中国の海洋進出への対処が目的で、当面は滑走路が短い南西諸島での運用を想定し、将来的にヘリ搭載型護衛艦を改修するか新造する。

 F35Bは、空自が導入するA型の派生型。空母よりも甲板が狭い上陸作戦用の強襲揚陸艦に搭載するため、短距離で離陸でき、垂直離着陸機ハリアーや、オスプレイのように垂直着陸が可能。レーダーに捕捉されにくい高度なステルス性を備えている。

 防衛省はF35B導入で、沖縄県の宮古、石垣、与那国島のほか、南・北大東島の各空港も空自戦闘機による警戒監視活動に使用でき、活動範囲が拡大するとしている。実際にどの空港を使うかは地元と協議するとみられる。

 さらに将来、ヘリ搭載型護衛艦「いずも」「かが」などの艦首を、戦闘機が発艦しやすいスキージャンプ台のように改修、甲板を耐熱塗装する。航空燃料タンクや弾薬庫を増設、整備、管制機能を改造するなどしてF35Bを搭載できる「軽空母」として運用する構想があるほか、強襲揚陸艦を新造する案もある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう