記事詳細

「モリカケ検証本」朝日提訴に著者・小川榮太郎氏「言論弾圧だ」

 「森友、加計学園」問題をめぐる報道を「虚報」と決めつける書籍を出版され、名誉を傷つけられたとして、朝日新聞社は25日、執筆した文芸評論家の小川榮太郎氏と、出版元の飛鳥新社(東京)に謝罪広告の掲載と計5000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 書籍は10月に出た『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』。

 訴状によると、書籍は森友、加計学園問題の朝日新聞報道について「安倍(晋三首相)の関与などないことを知りながらひたすら『安倍叩き』のみを目的として、疑惑を『創作』した」などと記載している。

 朝日新聞は「事実に反した誹謗中傷による名誉毀損の程度はあまりにひどく、言論の自由の限度を超えている」とのコメントを出した。

 小川氏は全面的に争う姿勢で、「言論機関が個人に対し、好意的でない文章を出したからと提訴するのは事実上の言論弾圧だ。言論機関は言論の場で白黒つけるべきだ」と話している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう