記事詳細

卒論指導条件に「嫁探し」 弘前大教員、特定の女子学生と頻繁に食事も

 弘前大(青森県)は25日、卒業論文を指導する条件として自らの結婚相手候補を探すよう求める趣旨の文書を学生に配るなど「教育者としての良識を著しく欠いた行為」があったとして、人文社会科学部の30代の男性教員を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は15日付で教員は同日、依願退職した。

 弘前大によると、教員は昨年10月、担当のゼミを受講していた4年生の男女8人に、卒論指導の条件を列挙した文書を配布。その中に教員の「課題解決」と記し、普段から学生に話していた「結婚相手の紹介」と分かる項目が含まれていた。特定の女子学生と頻繁に食事に行ったり、自宅に呼んで指導したりもしていたという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう