記事詳細

女児15人にわいせつ、元保育士に懲役15年 裁判長「悪質性は際立っている」

 勤務先の保育施設で女児15人にわいせつな行為を繰り返したとして、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反の罪に問われた元保育士、角田悠輔被告(36)に、横浜地裁は26日、懲役15年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。

 深沢茂之裁判長は「他の保育士がいない時間帯を狙うなど、計画的かつ常習的で卑劣極まりない」と指摘。「立場を悪用し、被害児童の未熟さと信頼に乗じた。悪質性は際立っており厳しい非難に値する」と述べた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう