記事詳細

「白ブリーフ裁判官」がツイートでまた問題 遺族抗議「事件ちゃかしているように感じる」

 「白ブリーフ裁判官」のツイートがまた問題になった。東京都江戸川区で2015年、当時17歳の都立高3年女子が殺害された事件に関し、東京高裁の岡口基一(きいち)裁判官(51)が「無惨にも殺されてしまった」などと投稿、両親が26日、被害者の尊厳への配慮が全くないなどとして処罰を求める要望書を高裁に提出した。投稿は削除された。

 要望書などによると、岡口裁判官は15日、高裁の判決文が掲載された裁判所のホームページのアドレスとともに「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男」「そんな男に、無惨にも殺されてしまった17歳の女性」とツイッターに投稿した。事件の審理には関わっていない。

 被害者の母親は「事件をちゃかしているように感じる。現職裁判官の行為として信じられず、許せない」と話した。高裁の吉崎佳弥事務局長は「要望書の内容を精査し、事実関係を確認して適切に対処したい」とコメントした。

 岡口裁判官は東大卒で1994年に任官し、大阪高裁などを経て2015年4月から現職。ツイッターに「エロエロツイート頑張るね。白ブリーフ一丁写真とかもアップしますね」「行きつけの飲み屋でSMバーの女王さまに縛ってもらった」として男性の半裸画像などを投稿、16年6月に高裁長官から口頭で厳重注意を受けていた。

 最近も頻繁にツイッターを更新しており、裁判や事件、政治の話題に関する話題の合間に、男性モデルやアスリートのパンツ姿の画像などを掲載。アカウントの背景には自身の白ブリーフ姿の写真が使われている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう