記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】やはり国中が“セウォル号”…堤川市火災にみる「懲りない人々」 大統領府は“慈悲深い大統領”PR (1/2ページ)

 「韓国中がセウォル号だ」という記事(夕刊フジ、2015年6月10日発行)を書いて、韓国人の不評を買ったことを思い出した。

 韓国・堤川(チェチョン)市で22日に発生したビル火災(29人が死亡)は、まさに違法の積み重ねと当局の怠慢、さらには韓国の日常性が有機連携したことで発生した。つまり、セウォル号の転覆・沈没と本質を同じくする惨事といえる。

 火災があった複合ビルは当初7階建てだったが、その後、ビルの屋上に木造の建物を2層増築していた。2階の女性用サウナの自動扉が壊れていて、内部からは容易に開けられなかった。2階の非常口は鉄製構造物でふさがれていた。非常口が物置代わりになっている階もあった。そして、全館でスプリンクラーが作動しなかった。

 消防車は、まさに韓国の日常性である違法駐車に阻まれて現場到着が遅れた。ようやく到着したら、はしご車のはしごが故障していて、上に伸びなかった。いや、水が出ただけマシか。

 14年5月には江陵(カンヌン)市の火災で、出動した消防車のポンプが故障していた。近隣の揚水機も故障していて放水できない事件があった。

 発泡スチロールやウレタンを吹き付けた上にモルタルを塗る「韓国型ドライビット」工法は工費が安く、工期も短いため、中小の商業ビルで盛んに採用されている。

 しかし、この工法は熱に弱く、火がついたら、たちまち燃え広がり、有毒ガスが発生する。15年1月に議政府(ウィジョンブ)市で発生した火災で実証済みだ。

 議政府市の火災では、単身者用マンションなどビル3棟が焼けた。居住者が出勤した後だったが、4人が死亡、99人が負傷した。ここでも、火災報知機やスプリンクラーが作動せず、違法駐車に阻まれて消防車の到着が遅れた。

 セウォル号の後は、韓国中が「安全が大事だ」と大騒ぎした。が、何も変わらなかった。議政府市の火災の後も「安全が大事だ」と大騒ぎした。やはり、何も変わらなかった。「懲りない人々」が住む国だ。

 しかし、「変わったことがある」と韓国大統領府は言いたいらしい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう