記事詳細

海外でがっつり年越しを 関空、出国ピーク

 年末年始を海外で過ごす人たちの出国ラッシュが28日、関西空港でピークを迎え、国際線の出発ロビーはスーツケースを携えた家族連れや若者でにぎわった。関西エアポートによると、この日だけで関空から3万7200人が出国する見込み。

 家族5人でシンガポールに旅行する京都府長岡京市の高校2年細田瑠華さん(17)は「勉強はいったん忘れてのんびり楽しく過ごしたい」と待ち切れない様子。学生時代の友人2人と台北に行く兵庫県三田市の会社員板垣飛鳥さん(29)は「小籠包や麺料理をがっつり食べ歩きます」とガイドブックを広げながら笑顔で話した。

 関西エアポートによると、年末年始期間(12月22日~1月3日)に関空を利用する国際線旅客数は87万6300人に上ると予想される。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう