記事詳細

プレハブ監禁部屋は父親の自作だった 室内にはチューブ、簡易トイレ…生活スペースは約1畳

 大阪府寝屋川市の民家に設置された隔離部屋で長期間監禁されていた女性(33)が死亡した事件で、死体遺棄容疑で逮捕された父親の柿元泰孝容疑者(55)が、この部屋を自分で作っていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警捜査1課は、周囲に気付かれないようにする意図があったとみている。

 死亡したのは長女の愛里さん。泰孝容疑者と母親の由加里容疑者(53)は「16、17歳ごろから精神疾患で暴れるようになった」として、愛里さんを自宅内の隔離部屋に15年以上監禁していたとみられる。

 捜査関係者によると、部屋は自宅一室の隅に天井までの高さの間仕切りを使って設置。広さは2畳ほどで簡易トイレがあり、生活スペースは約1畳しかなかった。室内には音声を拾う機能が付いたカメラがあり、両容疑者は居住スペースに置かれたモニターで愛里さんの様子を監視していた。

 ダクトを引き込み、外から冷気を送り込めるようになっていたが、暖房機能はなかった。また、室内にはチューブもあり、部屋の外に設置した給水タンクとつないで水を飲ませていた。

 こうした設備について、泰孝容疑者は「自分で作った」などと説明。泰孝容疑者は工員で、機械などの知識にたけていたという。捜査1課は、周囲に気付かれないように愛里さんを完全に閉じ込めておける部屋を作ったとみて、監禁に至った経緯を調べている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう