記事詳細

中国レストラン モップの汚水を食器洗い容器に入れ営業停止 (1/2ページ)

 「上に天国あり、下に蘇州・杭州あり」とまで称賛された中国浙江省の名勝地、杭州市の四川火鍋レストランで、床を掃除中の女性従業員がモップを洗いかけの食器が入ったボウルの中で絞っている映像がテレビ局に流出。これが放送されたことで、杭州市政府当局がレストランを営業停止処分にしていたことが明らかになった。

 レストラン側は「彼女は忙しくて、食器洗い用ボウルとは思わずに、とっさにモップを絞っていた」などと釈明したが、ネット上では「いつもやっているに違いない」「杭州の名前が泣く。観光客も来なくなってしまう」などとの批判的意見が大半だ。

 これはレストランの女性客がたまたま、目撃したもので、従業員に分からないように、すかさず携帯電話の動画で撮影。それを、地元の浙江テレビ局に持ち込んだ。

 テレビ局がその日の夜のニュース番組で放送したところ、電話やネット上で、視聴者から多数の批判の声が寄せられるなど、大きな反響を呼んだ。

 放送されたことで慌てたのは、レストランの店主だ。テレビ局の取材に対して、当の女性従業員について「彼女は働き始めて、まだ数日しか経っておらず、慣れていなかった」とか「たまたま、その日だけ、食器洗いボウルが床に置かれていて、気づかなかったのだろう」、「ボウルに入っていた食器は、そのあと、しっかりときれいに洗っており、問題はない」などと弁明した。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース