記事詳細

河野外相、文政権にくぎ「日韓関係がマネージ不能に」 外務省幹部は韓国側説明を真っ向否定

 河野太郎外相は27日、韓国政府が日韓合意の検証結果を発表したことを受けて「報告書に基づいて既に実施に移されている合意を変更しようとするのであれば、日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け入れられない」とする談話を発表した。

 また、滞在先のオマーンのマスカットで同行記者団に「前の政権がやったことは知らないということでは、何事においても日韓が合意するのは難しくなる」とも述べた。文在寅政権にくぎを刺した形だ。さらに「非公表を前提にしているものを一方的に公表したのはいかがなものか。極めて遺憾だ」と述べ、強い不快感を示した。

 合意では、ソウルの日本大使館前の慰安婦像について、韓国政府が「適切に解決するよう努力する」と約束している。談話ではこれらを念頭に「韓国政府が合意を『最終的』なものとして引き続き着実に実施するよう強く求める」とした。

 韓国政府は26日夜、外交ルートを通じて検証結果の内容を日本側に説明、その際に合意の非公開部分を公表する方針も通告した。検証結果では非公開は日本側の希望だったとしている。これに対し日本政府は「一昨年末の合意段階で非公開とするよう求めたのは韓国側だった」(外務省幹部)と真っ向から否定する。

 韓国側は2月の平昌五輪の際に安倍晋三首相の訪韓を求めているが、日本側は返答を留保したまま。文政権が合意履行の意思があるか慎重に見極めた上で判断する方針だ。(杉本康士、マスカット 小川真由美)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう