記事詳細

朝日新聞が“人ごと”社説「日韓合意順守こそ賢明な外交だ」 大誤報の責任どこへ

 朝日新聞が28日朝刊で、「人ごと」のような社説を掲載した。韓国政府の作業部会が、慰安婦問題に関する日韓合意の検証報告書を公表したことを受け、「日韓合意 順守こそ賢明な外交だ」とのタイトルで、「双方が建設的な言動をとり続けるしか道はない」と主張したのだ。吉田清治氏のウソ証言に基づく大誤報を30年以上も放置し、日韓関係を傷つけた責任は、どこへいったのか。

 社説は、慰安婦問題を「長年に及ぶ懸案」として、日韓合意について「壁を乗り越え、互いに歩み寄った両国の約束」と指摘してみせた。

 そのうえで、文在寅(ムン・ジェイン)政権に合意の順守を求める一方、「日本政府の努力も欠かせない。歴史問題をめぐる理解が国民の胸の内に浸透していくには時間がかかる」と注文をつけている。

 韓国国民に、自社の大誤報を浸透させる努力をしてはどうか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう