記事詳細

立民入党承認の蓮舫氏、一時的に「二重党籍」状態 民進まだ離党受理しておらず

 立憲民主党は28日の役員会で、民進党の蓮舫元代表の入党を承認した。蓮舫氏は民進党に離党届を出したが、まだ受理されておらず一時的に「二重党籍」となる。政党交付金は1月1日時点の衆参両院議員数などから算定されるため、立憲民主党は入党手続きを急いだとみられる。

 一方、立憲民主党の福山哲郎幹事長は28日、民進党が提唱する立憲民主党、希望の党との統一会派結成構想に関し、民進党に「これ以上検討しない」と伝えたことを明らかにした。

 立憲民主党は26日に民進党から統一会派結成の申し入れを受けた際、希望の党を含む枠組みでの会派結成は拒む方針を伝えていた。福山氏によると、27日に民進党から確認事項に対する回答があり、3党による統一会派結成を目指す方針は変わらないとの考えが示されたため、検討を拒否する意向を伝えた。

 これに対し、民進党の大塚耕平代表は28日の記者会見で「統一会派を実現する方向でぎりぎりまで努力したい。引き続き立民にも働きかけていきたい」と語り、交渉継続を目指す意向を示した。

 希望の党は28日の臨時役員会で、年明けから民進党と統一会派結成に向けて協議に入ることを決めた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう