記事詳細

裏DVD販売店が都内から消滅も、さらに地下に潜る悪循環 (1/3ページ)

 11月末、無修正のわいせつDVDなどを販売していた歌舞伎町の5店舗が警視庁保安課の摘発を受け、わいせつDVD約57万9千枚(販売価格約2億円)が押収された。一度の押収量としては過去最大で、この摘発によって東京都内にわいせつDVD販売店は消滅した。ネット経由でコンテンツ購入するのが当たり前になりつつあった今、DVDはどのような人たちが購入していたのか。販売店が消滅しても、これらの販売業は継続されるのか、ライターの森鷹久氏がリポートする。

* * *

 「やっと”殲滅”です。ウン十年という、捜査員と幹部、我々の地道な取り組みが身を結んだのだと感無量です」

 全盛期には200店以上あったという、東京・歌舞伎町の裏ビデオや裏DVD店が完全に消えて無くなったと、テレビや新聞といった大メディアも続々と報じ、警視庁関係者も胸を張った。では件の裏DVD業者側はどうなのか。

 音楽CDや映画などのDVDがそうであるように、販売手段が主にネット上に移行したとも簡単に推測できるとしても、やはり同様に違法ダウンロード等(裏ビデオ自体も違法だが)による視聴が増えたことで、売り上げが低下し、制作はもちろん、販売体制の縮小を迫られている、そんな現実があるのではないか。

 平成十年代から歌舞伎町の裏ビデオ販売店「Y」で販売員を経験し、現在はネット上であらゆる映像作品を販売する業者を経営しているという、関東地方在住の大迫太郎氏(仮名)が、アンダーグラウンドな業界の今を解説する。

 「以前は裏ビデオ販売店の実店舗もある程度の需要はありました。ただ、当局の取り締まりがきつくなってきて、おおっぴらに売れなくなった。中でも苦労したのは、客をどうやって店に連れてくるか。客引き、キャッチまでもが禁止され、店と客の接点が作り出せない。中高年の馴染み客だけじゃどうにもならずネット販売するも、当初は顧客がつかなかった」(大迫氏)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース