記事詳細

ハメを外し過ぎると「収容所送り」も…北朝鮮も忘年会シーズン (1/3ページ)

 朝鮮半島では昔から、女性の飲酒は好ましからざる行為と捉えられていた。

 一例を挙げると、1927年4月1日の東亜日報は、平安南道(ピョンアンナムド)の順川(スンチョン)の商工業を紹介する記事で「飲酒できない者」として少年、老人、女性を挙げている。

 この時代には「女性は酒を飲んではいけない」という見方があったことの証左と言えるが、朝鮮王朝時代には女性の飲酒をタブーとする考え方は薄かったはずで、後に西洋のキリスト教的価値観の影響を受けて変わったのだろうと見る向きもある。

 いずれにしても、女性の飲酒はタブー視されていたわけだが、それが先になくなったのは韓国だ。

 韓国統計庁と保健福祉省の調査によると、女性の飲酒率は1992年の33.0%から1999年には47.6%、2015年には70.8%に達した。また、男性より女性の方が、爆弾酒など危ない飲み方をする人が多いことも明らかになっている。

 一方、北朝鮮の酒の場に女性が現れたのは、1990年代以降の話だ。

 平壌のデイリーNK内部情報筋によると、市場で商売を行なうようになった女性たちは、一家の財布の紐を握るようになり、家庭でも社会でも地位が上昇した。女性商人同士の集まりでは、酒を飲むのは当たり前になっている。

 (参考記事:女性からの「死の復讐」に怯える北朝鮮のバツイチ男性

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース