記事詳細

文大統領も合意蒸し返し「重大な欠陥」 交渉過程公表で地元メディア批判「国際社会の信頼低下」 (1/3ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意に対する作業部会の検証結果を受け、「政府間の約束であれ、大統領として、この合意で慰安婦問題が解決できないことを改めて明確にする」と表明した。韓国大統領府が明らかにした。日本政府は文氏の表明を受けて韓国政府に抗議。日本政府高官は28日、平昌冬季五輪に合わせた安倍晋三首相の訪韓について「行くのは難しい」と述べた。

 文氏は日韓合意について、「国際社会の普遍的な原則に反し、当事者(元慰安婦の女性)と国民を排除した政治的な合意だ」とし、合意に至った政府間交渉に「手続き、内容にも重大な欠陥があることが確認された」と述べた。また、合意にソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去などで日本側の要求を韓国が受け入れた非公開部分があることが判明したことで、「国民に大きな失望を与えた」と語った。文氏は「歴史で最も重要なのは真実」とし、新たな対策を指示。韓国政府は新たな対策の方針を来年1月中に決める見通しという。

 文氏が検証結果に対する考えを明らかにしたのは初めて。5月の就任以降、文氏は日韓の慰安婦合意の扱いについては明言を避け、今回も合意の破棄や再交渉には言及していない。

 大統領府高官は「破棄という言葉は適切ではない」との認識を示した。元慰安婦らの意見を聞き、日韓関係に悪影響を与えないよう政府の立場を慎重に検討する構えで、来年1月中に方針を決める見通しという。また、韓国メディアによると、大統領府高官は再交渉や再合意の要求が「韓国政府の立場に含まれるべきではないか」とも答えた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう