記事詳細

「地雷爆発」動画が生んだ金正恩氏の不気味な自信 (1/2ページ)

 ■吹き飛ぶ韓国軍兵士

 北朝鮮の金正恩党委員長が不気味な自信と余裕を見せている。1月1日、施政方針演説に当たる「新年の辞」で、「国家核戦力完成の歴史的大業を成し遂げた」と強調した。

 それだけでなく、「米本土全域がわれわれの核打撃射程圏の中にあり、核のボタンがつねに私の事務室の机の上に置かれている」と述べるなど、米国と対等な立場を強調した。

 ■普通のトイレを使えない

 金正恩氏の強気な物言いは毎度のことだが、今回はいつも以上の自信と余裕を感じさせる。2017年、米国は原子力空母を北朝鮮近海に繰り返し派遣するなど「最大限の圧力」を加えた。それを強硬姿勢のまま乗り切ったことが、金正恩氏に自信を深めさせているのだろうか。

 一方、金正恩氏が米国の圧力に微妙に神経を尖らせていたことを物語るデータもある。金正恩氏の2017年(1月1日~12月28日)の公開活動は93回で初の2ケタとなり、金正恩体制が発足してから最も少なくなったという分析結果を明らかにした。

 金正恩氏の公開活動が減少するひとつのきっかけになったと考えられるのが、2015年8月に北朝鮮と韓国が対峙する軍事境界線の非武装地帯で起きた「地雷爆発事件」だ。

 (参考記事:【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷が爆発する瞬間

 北朝鮮と韓国が対峙する軍事境界線の非武装地帯で、北側の仕掛けた地雷が爆発し、韓国軍兵士2人の身体の一部が吹き飛ばされる事件が発生した。この事件をきっかけに、南北は一触即発の事態に突入する。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース