記事詳細

山口組分裂から2年4カ月 三つどもえ、18年どう動く?「6代目は落ち着き取り戻している」 (3/3ページ)

 --恐喝罪で服役している6代目のナンバー2、高山清司若頭の出所も2年後に迫っている

 「高山若頭が出所すれば、6代目を軸に任侠や神戸を巻き込んだ組織の再編の動きは必ず出てくる。それだけの力を持っている。服役していなかったら分裂していなかったはずだ。ただ、暴力団排除の動きは年々強まっており、神戸だけでなく6代目の総本部も使用禁止になる可能性もある。はっきり言えるのは組織のマフィア化が進むことだ」

 ■堺恭三(さかい・きょうぞう) フォトライター。1957年、大阪府生まれ。フォトライターとして3代目時代から36年にわたって山口組を取材。「週刊実話」「実話時代」などに執筆している。著書に「菱番カメラマン 山口組激動の25年を撮る」(メディアボーイ)がある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう