記事詳細

「北の核容認」中国機密文書は本物? 米ニュースサイト暴露に元国連大使「実物なら中国は完全にばかにしている」 (1/2ページ)

 ■核実験自制なら体制保証/弾道ミサイル技術供与/石油輸出規制ポーズだけ

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ニュースサイト「ワシントン・フリービーコン」は2日、中国共産党指導部が北朝鮮の核・弾道ミサイル開発に関し、同国がさらなる核実験を自制するならば新型の短・中距離弾道ミサイルなどの軍事援助を含む支援を拡大させるなどの秘密計画を採用したことが判明したと報じた。

 同サイトが入手した、中国共産党中央弁公庁作成とされる「最高機密文書」によれば、問題の計画は「朝鮮半島の非核化」を求める中国政府の公式見解とは裏腹に、北朝鮮による現有核戦力の保持の容認や、金正恩(キム・ジョンウン)体制の保証の確約も明記した。

 同サイトによれば文書は全4ページで、北朝鮮が6回目の核実験を行った12日後の昨年9月15日に作成されたという。

 中国指導部は、北朝鮮が国際圧力に屈して核を放棄することはないと結論づけ、共産党中央委員会が党中央対外連絡部に対し、北朝鮮が追加の核実験を実施しないと約束した場合は、「体制の保証」を含む各種の支援を確約するよう指示している。

 具体的には、弾道ミサイルとクラスター爆弾を含む高性能兵器や軍事技術を供与するほか、民生分野やインフラ整備に関する支援を2018年は前年比15%増、その後の5年間も少なくとも10%増のペースで増やしていくとした。

 ただし、北朝鮮に対しては一連の支援を申し出る一方、「核問題で行き過ぎないよう強く警告する」とし、向こう数年間は核実験の自制を要請。金正恩体制が従わない場合は逆に「罰則的措置」を科すと強調した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう