記事詳細

枝野氏、民進に不快感 統一会派「終わった話。巻き込まないで」

 立憲民主党の枝野幸男代表は4日、民進党が打診している希望の党を含む3党での統一会派結成を拒否する姿勢を重ねて強調した。「終わった話だ。巻き込まないでいただきたい」と述べ、要請を繰り返す民進に不快感を示した。民進党籍を持つ衆院会派「無所属の会」との連携には含みを残した。国会内で記者団の質問に答えた。

 無所属の会に対しては「全ての皆さんと理念、政策は共有できている」と指摘した。一方、民進と希望が統一会派を結成した場合、立民が野党第2党に転落することに関し「永田町の合従連衡でひっくり返すことがあれば、国民の負託を裏切る」とけん制した。

 共産党の志位和夫委員長は4日の党会合で、来年の参院選に向け、民進、立民、自由、社民の4党に、共通政策と候補者調整のための協議を速やかに始めるよう呼び掛けた。これに関連し枝野氏は記者団に「市民連合と連携する中で、政党独自の判断とのやり方が一定の成果を上げた。これを継承するのが望ましい」と述べるにとどめた。

 枝野氏は党内に皇位継承の安定に関する検討委員会を近く設置し、女性宮家創設の是非も含め議論する意向を表明。安倍晋三首相が憲法改正の国会発議の早期実現に意欲を示したことに関し「立憲主義を強化し、国民の多くが望む改正ならば積極的に対応したいが、現時点でそう感じていない。首相の趣味ではないか」と語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう