記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】意図的に隠されてきた事実、訴え続ける 2018年はメディアの「報道しない自由」への怒り高まるだろう (2/2ページ)

 現在は、GHQ(連合国軍総司令部)の組織の中で、WGIPの実施を担当したCIE(民間情報教育局)の報告書という1次資料を複数確認済みである。WGIPについて、私は日本国民全員が知るべき史実であり、教科書への掲載を義務付けてもいい重要事項だと思うが、WGIPに協力してきた歴史学会や文科省にその気はないだろう。

 1次資料などによると、NHKや新聞はWGIPで中心的役割を果たした。最近、NHKは「反戦平和」を訴える伝統的態度を維持しつつも、反米的要素を歴史番組の中に巧みに織り込んでいるように思える。都合が悪いのか、同局がWGIPを取り上げた番組を見たことがない。

 2018年は、メディアの「報道しない自由」に対する、読者や視聴者の認識と怒りが、一段と高まるだろう。私は、意図的に隠されてきた事実が「ニッポンの新常識」になることを目標に、今年も著書や講演などで訴え続けるつもりだ。

 唐突だが、乾電池と無縁な生活を送る日本人はめったにいない。同時に、乾電池発明者の屋井先蔵(やい・さきぞう)の名前を知る日本人もめったにいない。

 6日発売の『日本人だけが知らない 世界から尊敬される日本人』(SB新書)にも、「ニッポンの新常識」を満載した。乞うご期待。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう