記事詳細

金正恩氏は「薬物中毒」「性びん乱」を止められるか (1/2ページ)

 北朝鮮の金正恩党委員長は1日、施政方針演説「新年の辞」で次のように述べた。

 「社会主義文化を全面的に発展させなければなりません。(中略)

 全社会的に道徳と規律を強化し、社会主義生活様式を確立してあらゆる非社会主義的現象を根絶やしにするための戦いを力強く繰り広げ、すべての人々が高尚な精神道徳的姿勢をもって革命的かつ文明的に生活するようにすべきです」

 一見、何ということのない「お説教」である。しかし、金正恩氏が昨年12月に行われた朝鮮労働党の大会において、強い調子で「非社会主義的現象の害毒作用」に言及していた経緯を踏まえると、見え方が違ってくる。

 非社会主義的現象とは、文字通り北朝鮮が標榜する社会主義の気風を乱すあらゆる行為を指す。たとえば賭博、売買春、違法薬物の密売や乱用、韓国など外国のドラマ・映画・音楽の視聴、ヤミ金融、宗教を含む迷信などなどだ。もちろん、その他の刑事事犯も含まれる。

 しかし実際のところ、北朝鮮には社会主義の気風などほとんど残っていない。1990年代に計画経済と配給システムが崩壊したために、その後はなし崩し的に市場経済化が進行。その過程で、売買春や薬物の乱用が、資本主義国も真っ青な勢いで蔓延した。

 (参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース