記事詳細

話題の人たちの2018年運勢 正恩氏、山尾氏、貴乃花親方…有名占い師「原宿の母」が鑑定 (1/2ページ)

 2018年は話題の人物にとって重大な転機の年となりそうだ。立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(43)と大相撲の貴乃花親方(45)、そして北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長(33)の運勢を有名占い師に鑑定してもらったところ、「別れ」「独立」「激動」という気になるワードが出てきた。

 鑑定は、これまで10万人以上の対面鑑定実績があり、「原宿の母」と呼ばれる菅野鈴子氏に依頼。生年月日を元に判断するホロスコープ西洋占星術が用いられた。

 まず注目なのが、弁護士とのW不倫疑惑が報じられて民進党を離党後、無所属で衆院選に当選、昨年末には立憲民主党入りした山尾氏(1974年7月24日生まれ)。

 菅野氏は「情の厚さを示す『蟹座』の星と、プライドの高さを表す『獅子座』の星が、仕事運とプライベート運にそれぞれ1つずつあるが、獅子座に勢いがあるようだ。変化しないといけない時期で、いろんな人と出会うことになる」と分析。こんな気になることも付け加えた。

 「誕生日の7月から19年初めにかけて、パートナーとの関係を解消するとみられる」

 衆院選当選後に、男性弁護士を政策顧問に起用して驚かせた山尾氏。2人は「男女の関係」を否定しているが、憲法の解釈などで重大な相違が生じたりするのだろうか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース