記事詳細

「日本は責任ある措置を」日韓合意で韓国要求へ 9日に政府方針を発表

 【ソウル=名村隆寛】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は9日、慰安婦問題をめぐる2015年末の日韓合意の検証結果を受けた韓国政府の方針を発表する。韓国外務省が8日、明らかにした。

 聯合ニュースなど韓国メディアは、文在寅(ムン・ジェイン)政権が慰安婦問題で新たに「責任ある措置」を日本政府に求める方針を決めたと報じた。韓国政府消息筋の話によるもので、9日は日韓合意の再交渉や破棄には言及しないという。要求内容を示さない可能性もある。

 日韓合意では慰安婦問題の「完全かつ不可逆的な解決」を確認し、日本政府は韓国の方針発表の内容にかかわらず、合意以外の措置の要求は拒否する構えだ。

 一方、訪韓中の金杉憲治外務省アジア大洋州局長は8日、韓国外務省の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長、金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長と相次ぎ会談。金氏との会談で金杉氏は、日韓合意の着実な履行を強く求めた。会談後、韓国政府が日韓合意をめぐる方針を発表することに対し、「日本政府の立場に変わりはない」と語った。また、李氏との会談では、北朝鮮の核問題解決に向け引き続き北朝鮮に圧力を加えていくことで一致した。

zakzakの最新情報を受け取ろう