記事詳細

金正恩氏の「寂しい誕生日」に込められた意味 (1/2ページ)

 北朝鮮の金正恩党委員長が8日、誕生日を迎えた。米財務省が金正恩氏を制裁指定する際に発表したところによると、同氏は1984年生まれで、今年で34歳になったことになる。生まれた年については諸説あるが、いずれにせよ、30代の若さであることに変わりはない。

 若さのせいか、金正恩氏は過去、誕生日に合わせて派手なイベントをぶち上げたこともあった。2016年1月、誕生日の2日前に4回目の核実験を行ったのが極め付けだが、その2年前には、金正恩氏の「マブダチ」を自称する米プロバスケットボールNBAの元スター選手であるデニス・ロッドマン氏が、正恩氏の誕生日に合わせて訪朝。1月8日にバスケットボールのエキビジョンマッチを開き、さらにサプライズらしき演出で正恩氏を大喜びさせた。

 (参考記事:【動画】金正恩氏の誕生日を祝うデニス・ロッドマン

 この様子は朝鮮中央テレビでも放映され、翌日の労働新聞の1面にも掲載された。

 ロッドマンの訪朝は謎多き金正恩氏のプライベートの一面を知る点で大いに役立った。一方、ロッドマン一行を接待するパーティーでは、名門学院から女学生たちがコンパニオンとして動員された。乱痴気騒ぎに付き合わされた彼女たちは陰で泣いていたという。

 (参考記事:北朝鮮「秘密パーティーのコンパニオン」に動員される女学生たちの涙

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース