記事詳細

希望の党と民進党が統一会派へ 衆参両院で野党最大に

 希望の党の古川元久、民進党の増子輝彦両幹事長は15日午前、東京都内で会談し、統一会派結成へ向け基本政策を含む合意文書を取り交わした。希望の玉木雄一郎、民進の大塚耕平両代表が週内に改めて協議し、正式確認したい考えだ。統一会派が実現すれば、衆院でも立憲民主党を上回り、衆参両院で野党第1会派になる。野党側を代表して与党側と国会日程を協議する。

 増子氏は会談後、両党合流の可能性について「統一会派の中で、そういう議論が出るならば、結果としてありだ」と記者団に語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう