記事詳細

トランプ暴露本の過激な内容 側近に「お前はホームレスか」 (1/2ページ)

 世界中から注目されるトランプ大統領の暴露本『FIRE AND FURY』(炎と怒り)。同書は『USAトゥデイ』コラムニストであるマイケル・ウォルフ氏が、トランプ氏の首席戦略官兼上級顧問だったスティーブ・バノン氏ら200人以上に取材して書き上げたものだ。

 初版25万部は飛ぶように売れ、早くも増刷が決定した。何がそこまで話題なのか--読んでみると、日本の新聞やテレビではとても取り上げられない過激内容のオンパレードだった(以下、〈〉は同書より)。

 ●ホワイトハウスのやつらは信用できない!

 「毒殺が怖いからチーズバーガーばかり食べている」との記述は有名になったが、疑心暗鬼はそれだけにとどまらない。

 〈ホワイトハウスに入ったトランプは「誰も俺の物に触れるな。特に歯ブラシは厳禁」というルールを作った。シーツ交換も必要な時にだけハウスキーパーを呼びつけ、自分でベッドからシーツを剥いでいた〉

 そんなスタッフへの接し方の積み重ねが、暴露本につながってしまったのかもしれない。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース