記事詳細

相次ぐ米軍機トラブル… 衆院安保委メンバーが普天間第二小を視察

 沖縄で相次ぐ米軍機のトラブルを受け、衆院安全保障委員会の与野党議員は19日、ヘリコプターの窓が落下した宜野湾市立普天間第二小学校を視察。県庁で翁長雄志知事と会談する。米軍普天間飛行場の移設が争点となる名護市長選(28日告示、2月4日投開票)を前に、与野党とも安全確保の取り組みをアピールする狙いもあるようだ。

 普天間飛行場に隣接する同小学校上空の飛行について、日米は「最大限可能な限り避ける」ことで合意していた。だが、防衛省によると、児童の避難訓練が行われた18日、米海兵隊のAH1ヘリ2機と、UH1ヘリ1機が飛行した。

 翁長氏は19日の記者会見で「極めて残念。とんでもない状況だ」と述べた。米海兵隊が、レーダー航跡や操縦士の証言に基づき、小学校上空の飛行を否定していることには「よき隣人ではない」と強く反発した。

 小野寺五典防衛相は19日の会見で「米側は私どもが求める飛行をしていない。カメラの記録や監視員の目視で確認している」と述べ、学校上空を飛ばないよう米側に強く求める考えを示した。防衛省が撮影した映像を米側に提供し、改めて事実関係を確認するよう求めたことも明らかにした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう