記事詳細

【北朝鮮見本市】「外貨稼ぎ」の記念品、七宝山ホテルのアメニティーグッズ

 中国・瀋陽にある北朝鮮資本のホテル「七宝山(チルボサン)ホテル」が今月上旬に閉鎖したという情報が飛び込んできた。

 国連制裁を受け、中国当局は北朝鮮企業や合弁企業に対して「1月9日までに閉鎖せよ」と、お達しを出し、七宝山ホテルも営業継続が困難になったようだ。

 ホテルは、北朝鮮レストランが集まるコリアンタウン「西塔」や市内の中心部から距離がある中途半端な立地だった。だが、建物や設備はちゃんとした四つ星ホテルで、客室内のテレビで朝鮮中央テレビの視聴が可能だった。高麗航空の支店や北朝鮮グッズを扱う売店もあり、10年以上前から瀋陽の定宿にする朝鮮マニアも少なくなかった。

 七宝山ホテルの客室にあったアメニティーは残念ながらデザイン以外は全て中国製という粗末なアイテムだが、異色の外貨稼ぎを物語るメモリアルとして箔(はく)が付いた気がする。(北朝鮮ウオッチャー、金正太郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう