記事詳細

【まさに崖っぷち沖縄再生】菅官房長官、普天間問題は「辺野古移設が唯一の解決策」 地元の理解丁寧に得る (1/3ページ)

★(1)

 菅義偉官房長官が、夕刊フジの独占インタビューに応じた。28日告示の沖縄県名護市長選(2月4日投開票)で焦点となる米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設について、「唯一の解決策」と強調し、地元の理解を丁寧に得ながら手続きを進める考えを示した。集団的自衛権の限定的行使を認める「平和安全法制」の廃止を掲げる野党を「無責任だ」と批判し、憲法改正にも言及した。「沖縄の未来」と「日本の安全保障」を考える連載第1回。

 2018年は、沖縄にとって「選挙の年」だ。

 名護市長選は秋の県知事選の前哨戦とされ、沖縄県と名護市の現職首長は、いずれも「反基地」姿勢を鮮明にしている。在日米軍基地が集中する沖縄の選挙結果は、日本の安全保障の基盤を左右しかねない。

 これらの首長選に影響を及ぼすのが、昨年から続く米軍機トラブルだ。

 「安全確保が大前提。事故は地元の皆様に不安を与える。あってはならない」

 菅氏は、年明けに相次いだ米軍ヘリコプターの不時着などをめぐり、県民の反発が強まっている現状を踏まえ、厳しい見方を示した。さらに、「トラブルに関する情報提供や、航空機の点検・整備、再発防止を含め、抜本的対策を講じるように引き続き、強く求めていく」と語った。

 市街地にあり、「世界一危険」とされる普天間飛行場をめぐっては、1996年の日米返還合意から20年以上経過した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう