記事詳細

日韓合意めぐる韓国の『新方針』に9割超が「納得できぬ」 産経・FNN合同調査

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は20、21両日に合同世論調査を実施した。慰安婦問題に関する日韓合意をめぐり、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本政府に元慰安婦への謝罪を求めるなど理不尽極まりない「新方針」を示したことについて、「納得できない」が90・8%に達し、「納得できる」の5・4%を大きく上回った。

 同様の質問は、読売新聞とJNN(TBS系)も1週間前(15日)に報じ、「納得できない」「理解できない」が86%と85%だった。日本国民の怒りがさらに高まっているようだ。

 産経・FNN調査では、韓国側が求める追加措置について「応じられない」と断固拒否した日本政府の方針についても、「支持する」が88・6%に上った。韓国を外交や経済活動の相手国として信頼できるかについては、「信頼できる」が14・8%にとどまり、「信頼できない」は80・5%に達した。

 文政権の暴挙によって、日本国民の韓国への感情はかつてないほど冷め切っている。

 2月9日開幕の平昌(ピョンチャン)冬季五輪で韓国と北朝鮮による合同チーム結成などの動きが北朝鮮の「核・ミサイル開発」の阻止につながるかどうか聞いたところ、「思わない」との回答が72・9%だった。

 安倍晋三首相の平昌五輪開会式への出席の是非については「出席するべき」が49・5%で、「出席する必要はない」の43・1%をわずかながら上回った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう