記事詳細

月探査競争、勝者なく終了 日本チーム「ハクト」参加も難航

 日本チーム「HAKUTO(ハクト)」も参加する民間による月探査コンテストを主催する米Xプライズ財団は23日、「3月末の期限までに月に到達し、賞金を獲得できるチームはないと判断した」として、勝者なしのまま事実上の終了を宣言した。今後、賞金の新たな出資者を探すか、賞金が出ない競争として継続するかを検討する。

 財団は、参加する5チーム全てが、資金や技術的な問題で期限までに実行できないとした。「現時点で勝者がいないのは残念だが、多くのチームが月面探査に目前まで近づいた。これまでの成果を誇りに思う」とコメントした。

 ハクトの広報担当者は「今後の対応について検討中で、近く発表したい」としている。

 コンテストは、月面で500メートル以上移動するなどの課題を最も早く達成したチームに賞金2千万ドル(約22億円)が贈られることになっていた。賞金を出資するIT大手グーグルは、これまで数回にわたり期限を延長してきたが、米メディアによると今回は延長しない意向を示した。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう