記事詳細

「芸術団虐殺事件」に隠された金正恩夫人の男性スキャンダル (1/2ページ)

 金正恩党委員長は、最高指導者になってから二つの楽団を創設した。一つ目が、今や北朝鮮を代表する楽団となったガールズグループ「モランボン楽団」。そして、二つ目が2015年7月に創設された「青峰(チョンボン)楽団」だ。

 二つの楽団が創設されるなか、「血の雨」を浴びながらその歴史に終止符を打たれたのが銀河水(ウナス)管弦楽団だ。金正恩党氏の妻・李雪主(リ・ソルチュ)氏がかつて所属し、人気を誇った銀河水管弦楽団はなぜ解散させられたのか。

 ■恋人をズタズタにして処刑

 金正日総書記によって2009年に創設され2012年まで精力的に公演活動を行っていた銀河水管弦楽団は、2013年に解散させられる。解散から2年後の2015年には、銀河水管弦楽団のメンバー4人が、平壌郊外の「美林(ミリム)ポル」という場所で銃殺された。北朝鮮での銃殺刑は珍しくないが、メンバーらは凄惨きわまりない殺され方で銃殺されたと伝えられている。

 (参考記事:スパイ容疑の芸術家を「機関銃で粉々に」…北朝鮮「人道に対する罪」の実態(1)

 銀河水管弦楽団が解散させられたという情報がもたらされた2013年8月、日本と韓国のメディアは、ポチョンボ電子楽団の元人気歌手でありモランボン楽団の団長である玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏が処刑されたと報じた。

 しかし、玄氏はしばらくして、第9回全国芸術大会に登場。マスコミと国家情報院の情報に間違いがあることが明らかになった。

 ちなみに、玄氏は昨年10月には朝鮮労働党中央委員会の委員となった。韓国で来月9日から開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪へ芸術団を派遣することを協議する南北実務者会談に参加するなど、歌手としては異例の出世コースを歩んでいる。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース