記事詳細

百田尚樹氏が激白「安倍首相が訪韓しても関係好転期待できない」 韓国ネットで飛び交う勘違い「日本が頭下げてきた」 (1/2ページ)

 安倍晋三首相が、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式(2月9日)に合わせて訪韓することには、首相周辺でも異論が多い。慰安婦問題などで韓国への批判・直言を繰り返し、安倍首相との対談本『日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ』(ワック)もある作家の百田尚樹氏が激白した。

 「主要先進国の首脳が軒並み、開会式に出ないなか、日本の首相が行くことになれば、韓国に政治利用されることは目に見えている。今、訪韓することは『外交的敗北』につながりかねない」

 百田氏は、夕刊フジの取材に対し、安倍首相の訪韓に懸念を示し、韓国への不信感を強調した。

 慰安婦問題の日韓合意を反故にした文在寅(ムン・ジェイン)政権の新方針を持ち出すまでもなく、韓国は日本を裏切り続けてきた。

 百田氏は「普通の国なら『(米国や中国など)各国首脳が開会式出席を見送るなか、日本の安倍首相は来てくれた。ありがたい』と恩義に感じるものだが、韓国は違う。『われわれの外交姿勢は正しかった』『日本がおべんちゃらを使って譲歩してきた』と傲慢な態度を示すだろう。訪韓にメリットはないし、日韓関係の好転も期待できない」と語る。

 現に、韓国のネット上では、「文大統領は外交の天才だ」「日本が頭を下げてきた」などと、勘違いの言動が飛び交っているという。

 北朝鮮に「核・ミサイル開発」を放棄させるためには、日米韓の連携が不可欠である。文政権の「従北」姿勢にクギを刺すため、安倍首相は米ホワイトハウスの期待・意向も受けて訪韓する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース