記事詳細

橋下徹氏の都構想先送り論に松井氏理解「民間人としての肌感覚を表明した」

 松井一郎大阪府知事は25日、橋下徹前大阪市長が「大阪都構想」の2度目の住民投票を先送りすべきだと主張していることを明らかにした。その上で「政治家として、任期内に公約について住民に判断してほしい」と述べ、今年9月か10月の投票実施を目指す考えを重ねて示した。市内で記者団に語った。

 松井氏によると、橋下氏は、府と市の連携が進み、二重行政が解消されているとの認識から、市を廃止して特別区を新設し、府とともに行政機能を再編する都構想の必要性が市民に伝わりにくい状況だと指摘している。

 橋下氏が一部報道機関のインタビューで先送りを求めたことについても「民間人としての肌感覚を表明した」と理解を示した。一方で松井氏は「大阪の良い循環を続けるためには市民の賛同を得て『大阪都』にするべきだ」と述べ、住民投票を経て、来年秋までの知事の任期中に、都構想の実現を図ると強調した。

 吉村洋文大阪市長も25日の記者会見で「9月、10月に住民投票を目指すという考えに変わりはない」と明言した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう