記事詳細

岡田氏、民進幹事長の分党言及批判「理解できない」

 民進党の岡田克也常任顧問は25日、合意の上で党を分割する「分党」の可能性に言及した増子輝彦幹事長を批判した。「理解できない。本来、党をしっかりまとめなければならない執行部が言う話ではない。幹事長が言っているならば、たださないといけない」と国会内で記者団に述べた。

 小川敏夫参院議員会長も記者会見で「安倍政権と対峙するため、いったん分かれるとの考え方もあるかもしれないが、やはり力を合わせることが基本だ」として、分党に否定的な考えを示した。

 一方、大塚耕平代表は会見で、過渡的な対応の選択肢として分党はあり得るとの認識を示した。「最終ゴールは(立憲民主党、希望の党、民進の)3党の勢力結集だ。そこに至るプロセスとして、いろんなことがあるかもしれないというのは理解できる」とした。

 増子氏は24日のBS11番組収録で、統一会派交渉が頓挫した希望との関係を巡り「分党という選択肢も当然出てくる可能性は否定できない」と述べた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう