記事詳細

慰安婦問題で日本批判の前ドイツ首相、交際中の韓国女性と年内結婚の意向

 韓国の聯合ニュースによると、ドイツのシュレーダー前首相(73)は25日、訪問中のソウルで、交際中の40代の韓国人女性と共に記者会見し「(今年)秋ごろの結婚を考えている」と表明した。結婚後も両国を行き来して「韓国の歴史や文化を学ぶことを楽しみにしている」と語った。

 シュレーダー氏は昨年9月の訪韓時、元従軍慰安婦の女性らが暮らす施設を訪れ、慰安婦問題で日本は謝罪していないと批判した。朝鮮日報(電子版)によると、25日の会見では日本について「軍備増強の動きは誤った行動だ」と述べた。

 聯合によると、同氏は2月の平昌冬季五輪開会式に出席予定で、韓国と北朝鮮が進めたアイスホッケー女子の合同チーム結成は南北間の対話に向けた「正しい決定だ」と評価した。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう