記事詳細

軍事目的には使えない?穴ボコだらけの北朝鮮高速道路 (1/2ページ)

 東西冷戦の時代、西側諸国は高速道路網に、東側諸国は鉄道網に交通インフラの軸足を置いた。北朝鮮も1970年代まで、路線の拡張や電化など鉄道インフラに大々的な投資を行った。一方で道路整備を軽視していたため、未だに道路網は貧弱だ。

 韓国統一省の資料によると、2015年の時点での北朝鮮の道路の総延長は2万6183キロ。韓国の道路の総延長10万7527キロの5分の1ほどにしかならない。また、高速道路の総延長は、建設中に大事故を起こし500人以上の貴重な命が奪われた平壌開城高速道路など7路線、729キロで、韓国の31路線、4437キロ(2017年)と比べ物にならない。

 大動脈であるはずの平壌と国境都市・新義州(シニジュ)を結ぶ高速道路すらなく、デコボコ道を利用するしかない。それどころか、新義州市内と中国を結ぶ新鴨緑江大橋の連絡道路すら、長年建設できていない状況だ。

 昨年12月に北朝鮮に滞在した中国人ビジネスマンは、高速道路を利用したときの状況を次のように述べた。

 「北朝鮮の道路のうち、最も状態が良い平壌ー元山間高速道路は総延長172キロだが、午前9時に平壌を出発して、元山に到着したのは午後4時過ぎ。7時間かかったので平均時速は30キロにも満たない」(中国人ビジネスマン)

 これは、前日に降った雪のせいで路面がアイスバーンと化したためで、通常時の所要時間は3~4時間程度のようだ。ちなみに、平壌ー元山間とほぼ同じ距離のソウルー大田間の所要時間は半分ほどでしかない。

 高速道路の本領を発揮できないのは、破損箇所が多すぎるためだ。

 「北朝鮮を代表する高速道路なのに、破損箇所が多すぎてスピードを出せない。平壌のマンション建設には熱心なのに、高速道路の破損箇所を放置するのは理解できない」(中国人ビジネスマン)

 また、一昨年に北朝鮮の高速道路を利用した日本人観光客も、道路事情の悪さを訴えた。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース