記事詳細

国会議員秘書が出会い系女性と議員会館でハレンチ密会重ねる (1/3ページ)

 国会議員に一室ずつあてがわれる議員会館の事務室は、国民の代表たる彼らが政治活動の拠点とするために、税金で用意された施設だ。そして、政治活動を遂行するためのスタッフとして3人の秘書を税金で雇うことができる。ところが、そんな“議員特権”ともいえる場で、ある議員の政策秘書がハレンチ行為にいそしんでいた。

 「初めて会った時、真面目で誠実という印象でした。1時間足らずのお茶をした帰り際、『また会ってほしい』と言われたのですが、まだ彼に惹かれていなかったので、『平日の昼間ならいいです』って意地悪を言ったんです。国会議員の秘書は忙しいから、まず無理だろうと思ったら、『大丈夫です! 早速ですが3日後の月曜に議員会館に遊びに来ませんか?』って言われたんです」

 本誌・週刊ポスト記者にそう話し始めたのは、40代の川田陽子さん(仮名)だ。女優の檀れいに似た彼女に、“議員会館デート”を提案したのは、日本維新の会で総務会長を務める東徹参議院議員の政策秘書・A氏だった。

 2人は昨年4月に、いわゆる「出会い系サイト」で知り合ったという。

 「私は既婚者ですが、『夫以外の男性と話がしたい』と思い、出会い系アプリに登録しました。Aさんは私が既婚と知った上で、お茶に誘ってくれたのです。いきなりの議員会館デートには驚きましたが、滅多に入れない場所で興味が湧いたのでOKしました」

 この日から2人はほぼ毎日のようにLINEで連絡を取り合った。本誌・週刊ポスト記者が確認すると、4月中旬の会館デート当日、こんなやり取りがされていた。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース